快気祝いの品は

快気祝いの品はいろいろあります

スポンサーリンク
 

 病気や怪我等が治った後にお渡しする快気祝いの品は何が良いでしょうか。
洗剤や簡単なお菓子。
石鹸やタオル等も種類も豊富で良いかもしれません。
 快気祝いの品は使用すると消える物、または食べてなくなる物、洗い流せる物等が良いとされています。
とはいえ、実際に選びに行くと商品の品数に驚き、悩んでしまいます。
そんな時は、ギフトショップの店員さんに、快気祝いの品はどういった物が喜ばれますか、または、快気祝いの品はどんな商品が人気でしょうか、と一言尋ねてみましょう。
そのお店のオススメの品物や人気の品物を教えてくださいます。
少し変わり種を探したい時にも、とても頼りになります。
最近ではカタログギフト等も頂くことが多いです。
贈られた方が好きな商品を選べるところも人気です。
 また商品を購入した際に、お世話になった方やお見舞いに来てくださった方に、品物だけを届けるのではなく、御礼の言葉を忘れずに添えましょう。
快気祝いは全快の報告を兼ねて感謝をお返しをすることです。
品物だけではなく、御礼の言葉はとても大切です。

スポンサーリンク

 お見舞い金のお返しの目安は、頂いたものの三割から五割が目安です。
快気祝いの品は目安ではありますが、その金額内で送ると失礼が少ないです。
 また会社関係等でまとめて頂いた場合の快気祝いの品は、個別に贈ることはせずに、みんなで食べられるものを贈ると良いです。
または小さなタオル等が数を揃えても大荷物にならずに喜ばれます。
また、上司から個別にお見舞いをいただいた場合はみんなで食べられるものとは別に品物を用意します。
その際にも快気祝いの品は病気を洗い流すという意味で、やはり消耗品が無難です。
金券や商品券はよくありません。
 会社関係からいただいた場合の快気祝いに関してはメッセージガードは基本的に添えません。
個別に贈る場合は別ですが、大人数の方へ贈る場合には快気祝いの熨斗のみを外へつけて贈ると良いです。
 また退院ではなく、自宅療養へ切り替わる場合は、快気祝いではなく、御見舞御礼という形にしてお贈りすると失礼がないです。
その際に選ぶ品物は快気祝いと同様の品物で大丈夫です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加