快気祝い 渡す 時期

快気祝いを渡すのに最適な時期とは

スポンサーリンク
 

 お見舞いや退院祝いという形で祝福してもらった場合において、後日快気祝いという形でお礼をする必要があります。
その渡す時期というものも予め決まっており、基本的には快気祝いの商品が届く日を大安にすることが重要です。
大安とは陰陽道でお祝い事をするのに最適な日時となっており、1ヶ月の間に数回ほどあるのが特徴です。
基本的に快気祝いを渡す時期については、この大安を目安に行うことがマナーとなっています。
快気祝いの商品を配達する場合において、基本的に発送日を指定出来ることが多いです。
なので大安を目安に配送もしくは郵送することによって、縁起の良い時期に快気祝いの品を渡すことが出来るようになります。
大安の日時については、カレンダーを調べることで具体的な日にちを決めることが可能です。
これが一般的な快気祝いを渡すのに最適な時期となっており、余程の事情がない限りは大安に商品を相手に発送するのは正しいマナーとなっています。

スポンサーリンク

 快気祝いは日本では一種のお祝い事として認識されており、商品やお返しを渡す時期については通常は大安となります。
ですが厳密に言うと大安以外でも大丈夫なケースがあり、それは友引となっています。
友引には訃報などのお知らせは避けるべき曜日となりますが、お祝い事となっているので特に問題はないです。
そのため日本では、快気祝いであれば渡す時期として友引を選んでも問題ないです。
また快気祝いを渡す時期については、退院した後の数日から1ヶ月以内に行うのがマナーとなっています。
基本的に渡す時期については決まっていますが、退院してからは焦る必要はないです。
自宅に戻った後数日間は、とりあえず体調を安定させることだけを考えても問題ないです。
あくまでも自分の体調を第一優先させることを考えて、その後で一人ずつお返しをしていく流れとなっています。
なお相場については、お見舞いや退院祝などでいただいた商品の3割から半額程度となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加