快気祝い 贈る 時期

快気祝いを贈る時期について

スポンサーリンク
 

 快気祝いは病気や怪我が治った際に、病気や怪我をした本人がお世話になった方やお見舞いをいただいた方に報告や御礼として贈るものです。
快気祝いには贈る時期、使用する熨斗、贈る品物やその金額の相場など様々なマナーが存在するため事前にきちんと情報を集めて、マナー違反がないように気を付けましょう。
快気祝いを贈る時期としては退院後の10日〜1か月程度の期間が目安とされています。
ただしあくまで快気祝いは病気や怪我が治ったことをお祝いするものなので、体調が落ち着かない時期に無理をしてしまい逆に体に障ってしまっても意味がありません。
贈る時期が遅くなってしまうのも問題ですがきちんと自分の体調とも相談しましょう。
退院後すぐに動ける状態にあるのなら早々に贈ってしまって問題ありません。
早く報告をすることでご心配をかけた方に安心していただきましょう。
贈る時期以外にも注意すべきさまざまなマナーがあるため不安がある場合にはきちんと情報を集めて、マナー違反をしてしまわないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

快気祝いを贈る時期としては一般的には退院後10日〜1か月程度が目安とされています。
ただし退院後元気な状態であるなら早々に贈ってしまっても問題はありません。
逆に体調がすぐれないのなら無理をして贈るのは避けましょう。
快気祝いを贈る時期が遅くなりすぎるのも問題ではありますが、無理をして体調を崩してしまっては意味がありません。
自分の体調を考えて行動しましょう。
快気祝いの品物の金額の相場としてはいただいた金額の2分の1〜3分の1程度が相場とされています。
それでも高額になってしまう場合には、お菓子類とカタログギフトを組み合わせるなどして工夫するようにしましょう。
また後に残るものはマナー違反とされているため避けましょう。
一般的には洗剤やせっけんや食品などが人気がある品物です。
また職場などの関係者に連名でいただいた場合には、一人ずつ小分けにお返しをすると大げさになってしまうため、お菓子など大勢で消費できるものをお返しするのが一般的とされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加