快気祝い お返し 手紙

お見舞いのお返しで快気祝いを送る時に手紙を添えるとより良い

スポンサーリンク
 

 快気祝いは、病気や怪我で入院をした時にお見舞いを頂いた方へのお返しの意味を込めて退院して元気になっていることを報告をする際に送るものです。
実際に、近隣に住んでいる方の場合には、お返しの快気祝いを持参をすることも出来ますが、人数が多かったり遠方に済んでいたりすることもあり、郵送を利用することも珍しくありません。
その際には、お礼の意味合いと退院して元気で暮らしていることの報告をするために、手紙を同梱するのがおすすめです。
そうすれば、お見舞いに来てくれた方々にも近況がよく分かるからより良い送り方になります。
そうしないで、快気祝いだけを送ると退院してどれくらい経つのかや自宅療養をしているのかなどの情報が先方に伝わらないので、さらに、心配をかけてしまうこともあるからです。
手紙と言っても改まった内容で考える必要はありません。
退院してから体調がどうであるか、自宅療養をしているのか、リハビリ通院をしているのかなどのありのままの近況を書くだけでも、先方に誠意が伝わりやすくなります。
便せんや一筆せんに簡単に書く手紙でも差し支えありません。
入院していたのですから、先方もあまり負担のかかる長文が届くとも考えていないでしょう。

スポンサーリンク

単に、お見舞いのお返しとして快気祝いの品物だけが届いた場合には、先方が「返って負担をかけしまったのではないか」というような気遣いをさせてしまうことがあります。
良くありがちなのが、完治しているわけではないけれど、お見舞いを下さった方々に退院したら出来るだけ早くお返しの意味で快気祝いを送らなければ気を使ってしまうというケースです。
あまり、退院後から日にちが経ちすぎるのも、気持ちが伝わらなくなることもあり退院後1か月程度までには送るのが普通です。
手紙を同梱すれば、現在の状況が分かるのでお見舞いに来てくれた方々も、入院中の体調悪化をしっているわけですから、改善したことや退院が出来て自宅療養出来るようにまでなったことを喜んでくれるようになるのは確かです。
一刻も早くと言う思いで、お見舞いに駆けつけてくれた方の気持ちを思うとお返しの気持ちとして快気祝いは送りたいと思うのが普通です。
さらに、気持ちの伝わる快気祝いにするには、手紙を添えるのがより良いマナーと言えます。
ひとこと書き添える手紙があるとないとでは、お返しとして送る快気祝いの伝わり方も大きく差が出て来ます。
それだけ、有難かったり嬉しかったりしたお見舞いに来てくれた方々へのお返しの気持ちをストレートに伝えられるようになるのが手紙の魅力です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

快気祝いのお返しであるお礼状の書き方
快気祝いのマナーについてです。
会社への快気祝いのお返しについて
快気祝いのマナーについてです。
快気祝いのお返しに、商品券はマナー違反なのでしょうか
快気祝いのマナーについてです。
商品券は快気祝いのお返しに使用出来るか
快気祝いのマナーについてです。
快気祝いのお返しの金額
快気祝いのマナーについてです。
快気祝いに対する返事について
快気祝いのマナーについてです。
快気祝いのお返しの時期について
快気祝いのマナーについてです。