快気祝い 好適品

快気祝いを贈る際の好適品について

スポンサーリンク
 

 快気祝いを贈る場合には好適品があります。
一般的に快気祝いの好適品とされている品物は消耗品です。
また好適品としてではなく消耗品を贈るのが快気祝いを贈る際のマナーとされてます。
具体的に快気祝いの際の好適品とされているのは食品や洗剤やタオルなどです。
あとに残る品物ではなく、消えてなくなる品を贈るのがマナーとされています。
そのため食品や洗剤やタオルなどの消耗品が快気祝いを贈る場合の好適品とされています。
また贈り物としては商品券やギフトカードなども一般的ですが、こうした金券類はお金を送っても問題がない場合にお金に換えて贈るものとされているので、快気祝いとして贈る場合には注意が必要です。
特に目上の方にこうした金券類を贈るのは失礼という見方をされるケースが大半なので避けましょう。
どうしても贈る品物の迷う場合には金券類ではなく、カタログギフトを贈るのが無難とされています。
快気祝いを贈る場合にはマナー違反を避けるためにも、好適品とされる品物を贈るようした方が無難とされています。

スポンサーリンク

快気祝いとは、病気や怪我が治った際にお世話になった方やお見舞いをいただいた方などに病気や怪我をした本人が報告や御礼として贈るものです。
金額の目安としてはいただいた品物の3分の1〜2分の1程度の金額が相場とされています。
職場関係などで連名でいただいた場合には「〜部ご一同様」などとして贈っても問題ありません。
快気祝いを贈る場合の好適品としては病気が後に残らないようにという意味合いを込めて、消耗品を贈ります。
溶けてなくなるという意味合いで砂糖やせっけんやお菓子類、病を水に流すという意味合いで入浴剤やタオルなどが一般的です。
また他にも自然食品や食用油、乳製品などの健康をイメージした品物も人気があります。
贈る時期としては退院から10日前後ぐらいが目安とされています。
これらが一般的なマナーとなりますが、ほかにも使用する熨斗にも注意が必要ですし、通院や療養の必要があるけど退院したのでお礼をしたいというケースもあります。
マナー違反がないようにきちんと情報を確認して贈りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

快気祝いとして人気がある品物について
快気祝いのマナーについてです。
快気祝いにおすすめのお菓子について等
快気祝いのマナーについてです。