快気祝い 金額 目安

快気祝いの金額の目安について等

スポンサーリンク
 

 私達は日々生活を送る中で様々な病気にかかったり、不意の事故等で怪我を負ってしまったりする事があります。
この病気や怪我が軽いものであれば問題ないのですが、中には完治までに長い期間を必要とするケースも出てきます。
本当にひどい場合には入院して治療となる事も少なくなく、場合によっては入院期間が数ヶ月に及んでしまう事も珍しくないです。
 入院期間が長くなると本人も気が滅入ってきますが、それ以外にも周囲の人達に心配や迷惑をかけてしまう事になります。
しかし入院の報告を受けた人の中にはお見舞いに来てくれる人もいて、こういったお見舞いは心の良き支えとなってくれます。
そのため病気や怪我が無事に完治して退院の運びとなった場合には、きちんとお礼と報告をする事が大切です。
 このお見舞いに対して行うお礼と報告の事を快気祝いと言い、何等かのお礼の品物を贈るのが基本となります。
快気祝いとしてどういった品物を選ぶかは状況を踏まえる必要があるので、慎重に検討する事が重要です。

スポンサーリンク

 快気祝いは基本的に形が残らない物が良いとされているので、その事を頭に入れて品物を選ぶ必要があります。
快気祝いの品物の具体的な例としてはお菓子やお茶等の食品、石鹸や食用オイル等の消耗品を挙げる事が出来ます。
それ以外にも贈られた相手が都合に合わせて使う事が出来る、商品券やギフトカタログ等を選ぶ人も少なくないです。
 ちなみに快気祝いを贈る際には金額の目安についてもマナーがあるので、きちんと目安に合わせた金額の物を選ぶ事も大切になります。
一般的に快気祝いの金額の目安に関しては、頂いたお見舞いの金額の半分から1/3程度の金額を目安にするとされています。
快気祝いはあくまでもお見舞いに対するお礼なので、お見舞いの金額よりも高くならない事を目安にする必要があります。
お礼の金額が頂いた品物の金額よりも高くなるのは、相手に恥をかかせる事になるのでこの目安は守る事が重要です。
また金額の目安のマナー以外にも、快気祝いは現金ではなく品物で贈る事もマナーになるので覚えておく必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加