快気祝い 文章

快気祝いの文章などについて

スポンサーリンク
 

 「快気祝い」と聞いて知らない方もいると思われますが、「快気祝い」とは怪我や病気が良くなり病院を退院したときに本人からお世話になった方やお見舞いをいただいた方にお返しやお礼をすることです。
「快気祝い」のマナーや文章の書き方についてこれから説明していきます。
「快気祝い」にお礼として贈られる物の定番になっているのはタオルや洗剤などの消えて無くなってしまう品です。
病気や怪我を良くなったことを祝うものなので残ってしまう記念品はマナーとして良くありません。
他にもお菓子類(クッキー・チョコ)や入浴剤なども消えて無くなるので「快気祝い」に利用されています。
会社や複数の人数からまとめてお見舞いをいただいた場合はお菓子やジュースなどの詰め合わせを選び一人一人に渡るものが良いです。
これらの品物を贈るときの金額ですが、目安としては「いただいた物の半額」程度です。
快気祝いのお礼が事情によって出来ない場合は「お礼の電話・手紙」を利用する方もいます。

スポンサーリンク

「快気祝い」に使われるカードや手紙の文章について説明していきますが、手紙ではなくカードを利用する場合、文章を考えなくても最初から文章が書かれてネットなどで販売されている物もあるのでそれを利用するのも良いのではないでしょうか。
手紙を使用するときの文章ですが、お世話になったお礼と元気になったという報告を書くことが一般的となっています。
手紙の文章で気をつけなければいけないのが重ね言葉です。
「くれぐれ」「いろいろ」「再び」などの言葉を使わないように注意しましょう。
ちなみに「快気祝い」の他にも「快気内祝い」「御見舞いお礼」などの言葉もありますが、「快気内祝い」は退院しても通院しなければいけないときで、「御見舞いお礼」は病気が全快しないとき・違うタイミングでお礼をするときです。
「快気祝い」の贈り物や文章について説明してきましたが、大切なのは「元気な報告」と「お世話になった気持ち」を伝えることなのでマナーを考えながらお礼をすることが一番です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加