快気祝い 文例 メッセージカード

快気祝いに添えるメッセージカードに適した文例の選択について

スポンサーリンク
 

 怪我や病気などで長期間の療養を経験した人に対して贈る快気祝いは健康状態が良好になったことへのお祝いと、今後の健やかな暮らしを応援することを相手に伝えることが大切です。
そのため、近年では快気祝いは物品だけではなくメッセージカードを添えることが多くなっていますが、メッセージカードの文体によっては相手に失礼になってしまうこともあるので、事前に手紙の書き方やマナー読本などの文例を参考にすることが社会人に求められる姿勢です。
その一方で書籍などの文例をそのまま写すのではなく、自分自身の祝福の言葉を交えながら丁寧に書くことを意識するように心がけます。
快気祝いは贈る相手が喜ぶ物が最も大切ですが、縁起が悪いとされる物は避けるのが社会的なマナーです。
快気祝いに添えるメッセージカードも忌み言葉を避けることが大切ですが、書籍などに記載されている正しい文例は地域や年代によっては忌み言葉と見做されるケースもあるので注意します。

スポンサーリンク

メッセージカードは手紙よりも簡潔な文章で纏めることが大切なので、単純に文例を真似るのではなく、不要な装飾や回りくどい言い回しは避けて必要最低限の事柄を分かりやすく書くように心がけます。
メッセージカードの文例を記載している書籍やサイトがありますが、あくまでメッセージカードの作成時の参考に留め、相手の状況と自分自身の心情を反映させるように書くことが相手への最大の思いやりになります。
快気祝いについても相手が気後れするほどの高級品は避ける他、日持ちのしない生物や扱いに手間がかかる物も贈らないように配慮します。
快気祝いにはメッセージカードとは別に贈る物品を説明する短文を添える地域もありますが、一般的な快気祝いと同様に忌み言葉を避けます。
物品の説明なので書籍などの文例をそのまま書くことも出来ますが、単に文例を丸写しするのではなく挨拶などを一言添えることで受け取った相手が喜ぶ快気祝いにすることが可能です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加