快気祝い メッセージ 例文

適切な快気祝いとメッセージの例文を参考にする際の心得

スポンサーリンク
 

 快気祝いは怪我や病気などが原因で長期に渡って療養していた人が回復した際に贈りますが、相手が喜ぶ物を贈る一方で縁起の悪い物を避けることを重視する必要があります。
地域や年代によって縁起物の定義が異なるので、事前に詳細を確認しておくことが社会人としてのマナーです。
また、快気祝いにメッセージを添える際も忌み言葉を避け、相手が不快にならないように表現方法に気を配ることも重要になります。
快気祝いに添えるメッセージについてはマナー読本などの書籍に記載されている例文を参考にすることが出来ますが、丸写しを避けて自分自身の言葉で祝福と今後の健やかな暮らしへの応援を綴ることが大切です。
また、メッセージの例文についても人によっては不快に感じたり縁起が悪いと解釈されることがあるので、複数の例文を比較して無難な内容の物を参考にすることがトラブルを避けるための工夫です。
快気祝いに添えるメッセージはあくまで怪我や病気から回復した人を祝うための物なので、快気祝いの贈り物や自身の近況など無関係の事柄には触れないのもマナーの一つです。

スポンサーリンク

快気祝いのメッセージについては一般的な手紙の書き方の例文を参考にするケースもありますが、メッセージは手紙よりも短文で簡潔な表現に纏めるのが普通なので作成の際には十分に推敲するように心がけます。
特に書籍の例文を参考にする際は年代が古いと内容がそぐわないケースもあるので注意します。
快気祝いは縁起物以外に日持ちがしない生鮮食品や管理に手間がかかる物は相手への負担になってしまうので避けることが大切です。
極端に高級な贈り物も却って気を使わせてしまうことに繋がるので、社会的な常識の範囲内の物品に留めます。
メッセージの内容についても簡潔に纏める他、基本的にですます調の簡単な丁寧語で記載するのが最も無難です。
使い慣れない言い回しを用いると却って相手に失礼な文章になってしまう可能性があるので、書籍などの例文を参考にする際は十分な注意が必要です。
近年ではネット上に手紙やメッセージカードの例文を記載しているサイトが増加していますが、簡単に利用できる一方で表現方法や言い回しが誤っているものもあるので安易な濫用は控えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加