快気祝い のし 書き方

快気祝いののしの書き方などのマナーについて

スポンサーリンク
 

 快気祝いをおくる場合にも、のしの書き方や贈る金額の相場や時期など様々なマナーが存在します。
事前にきちんと調べてマナー違反がないように注意しましょう。
まずのしは紅白の結び切りを使用するのが通例とされています。
紅白の結び切りには一度きりで二度と繰り返さないという意味があります。
病気やけがが治るのはおめでたいことなのでのしは紅白の結び切りを使います。
快気祝いの場合ののしの書き方としては全快しているのなら「快気之内祝」や「快気祝」、完全に回復していない場合には「退院之内祝」と書きます。
「快気内祝」など四文字になってしまうと縁起が悪いとされているので避けるようにしましょう。
また快気祝いの際ののしの書き方の注意点として「御見舞御礼」とか書かないように注意しましょう。
このような書き方をしてしまうと、まだ怪我や病気が治っていないけれどお見舞いに来ていただいたお礼をしますという意味に受け取られてしまう可能性があるため、快気祝いの場合にはのしに「祝」という文字を入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

快気祝いをおくる場合にもさまざまなマナーが存在します。
まずのしについてですが、紅白の結び切りを使うのが通例とされています。
のしには様々な種類があるため間違えないように注意しましょう。
それから快気祝いの、のし紙の表書きの書き方としては全快している場合には「快気之内祝」や「快気祝」、そうでない場合には「退院之内祝」と書きます。
名前の書き方はフルネームで書くのが正式なものとされていますが、姓だけでも失礼にあたることはありません。
退院した本人の名前を書きましょう。
会社名や肩書などを入れる場合の書き方としては、姓名の前に小さな文字で書くとよいとされています。
それから快気祝いは退院してからできるだけ早いタイミングで渡すのがマナーとされているため、できれば10日〜2週間以内に届くように手配しましょう。
贈る品物は病気が後に残らないようにという意味合いを込めて消耗品を選ぶのが一般的です。
お菓子やお茶などの食品や、病気を水に流すという意味を込めてせっけんや洗剤やタオルなども一般的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

快気祝いの短冊のしは結び切り
快気祝いのマナーについてです。
快気祝いとはのしも独特
快気祝いのマナーについてです。
快気祝いののしや名前の書き方について
快気祝いのマナーについてです。