快気祝い 内祝い 違い

快気祝いと快気内祝いの違いについて

スポンサーリンク
 

 お見舞いのお礼やお返しに当たるものは「快気祝い」「快気内祝い」「御見舞御礼」など様々なものあり、体調の違いによって表書きや贈り方などに違いがあります。
事前にどういうものなのかを調べて、間違いがないように気を付けるようにしましょう。
まず「快気祝い」「快気内祝い」「御見舞御礼」はどれも病気やけがをした本人から、お見舞いをいただいた方やお世話になった方へのお礼やお返しとして贈るものです。
そもそもの快気祝いは病気やけがが良くなった喜びを本人からおすそ分けするものでした。
お見舞いのお返しという意味合いは後から広まったもので、現在では「快気祝い」は病気やけがが全快した場合、「快気内祝い」はで内々のささやかなお祝いでという場合や、退院したけれどもまだ療養や通院を続ける場合にといった場合に使い分けられています。
「快気祝い」「快気内祝い」を贈る場合には他にも熨斗や贈る時期など様々なマナーが存在します。
きちんとそれらを把握してマナー違反をしてしまわないように注意しましょう。

スポンサーリンク

病気やけがが治った際に、お見舞いをいただいた方やお世話になった方に贈るものとして「快気祝い」「快気内祝い」があります。
「快気祝い」と「快気内祝い」は言葉の違いは一文字ですが、違うものなので注意しましょう。
まず「快気祝い」は病気やけがが完全に回復した場合に贈るものです。
かつては快気祝いをしないと再び病気になるという俗説がありましたが、現在ではお見舞いをいただいた方やお世話になった方に元気になった報告とお礼という形で贈るものです。
「快気内祝い」は全快ではないけれどお見舞いに対するお礼をお返ししたい場合に贈るものです。
退院はしたけれど療養や通院が必要な場合に贈ります。
このようにこの二つの大きな違いはけがや病気をした本人の状態です。
違いはありますが決して難しいものではありません。
お返しを贈る場合には様々なマナーがあるため間違いがないように注意しましょう。
熨斗や贈る品物、またその金額などのマナーを守りお返しをしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加