快気祝い 全快祝い 違い

快気祝いと全快祝いの違いについて

スポンサーリンク
 

 快気祝いと全快祝いは似ていますが違いがあります。
快気祝いは主に病院からひとまず退院した場合に、お見舞いをいただいた方やお世話になった方などに報告を兼ねたお返しとして贈るものです。
全快祝いは病気やけがが完全に回復した場合に送るものです。
快気祝いはまだ完全に回復はしていなくて、通院の必要や自宅療養などの必要がある場合でも、一応の区切りがついたということで贈ります。
これが快気祝いと全快祝いの主な違いになります。
快気祝いや全快祝いの品を送る場合は重ならないようにという意味合いを込めて、一点だけお返しをするのがマナーとされています。
お返しをする品は「洗い流す」「拭い去る」という意味合いを含むため、せっけんや洗剤やタオルなどがよく利用されます。
また消耗品である食品なども快気祝いや全快祝いの品として人気です。
快気祝いや全快祝いを送る場合には事前にマナーをきちんと調べましょう。
意味合いの違いはもちろん、贈る時期や品物などにもマナーがあります。

スポンサーリンク

快気祝いと全快祝いには違いがあります。
違いを知らずにマナー違反をしてしまわないように注意しましょう。
まずこれらは入院していた本人がお見舞いをいただいた方やお世話になった方などに贈るものです。
違いは快気祝いは通院や自宅療養などの必要はあるけれど、とりあえず退院したことを報告するものです。
全快祝いは言葉のとおりけがや病気が完全に回復した場合に贈るものです。
これらが主な違いになります。
これらを贈る場合には様々なマナーがあるため注意しましょう。
たとえば熨斗は「病気やけがを繰り返さないように」という意味合いを込めて紅白の結びきりを使います。
熨斗には様々な種類があるため間違えないように気を付けましょう。
それから贈る品物は基本的には消耗品を贈ります。
一般的なにはせっけんや洗剤やタオルなどがよく使われます。
また食品や飲料なども人気があります。
あとに残らないものを選ぶようにしましょう。
金額はいただいたお見舞い金の半額程度が目安とされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加