快気祝い 逆

快気祝いの逆を意味するお祝い事とは

スポンサーリンク
 

 快気祝いとは病気や怪我をして入院していた時にお世話になった人に対して、退院後にお礼状と商品をプレゼントするお祝い事です。
しかしこの快気祝いの逆を意味するお祝い事もあり、それが退院祝いとなっています。
違いについて説明していくと、快気祝いとは病院を退院した人がお見舞いに来てくれた人やお世話になった人にプレゼントをします。
その一方で退院祝いとは、病院に入院している人が無事退院した時にお祝いの商品をプレゼントする内容となります。
退院祝いは快気祝いと似ていますが、内容についてはまったく逆となっています。
商品をプレゼントする立場が逆になるのが最大の違いとなっており、快気祝いの場合には怪我や病院をした人が商品を発送します。
一方で退院祝いの場合には、病院に入院している人がお見舞い品などを受け取る立場になります。
この点が非常に混同しやすい内容となっているので、2つのお祝い事の違いについてしっかりと理解しておく必要があります。

スポンサーリンク

 快気祝いを逆を意味するお祝い事が退院祝いとなっており、怪我や病気で退院した人を元気付けることが出来ます。
そんな逆の意味となっている退院祝いについて、プレゼントすると喜ばれる商品について紹介していきます。
プレゼントすると良い商品は快気祝いと共通しており、果物や食べ物の詰め合わせが人気となっています。
確かに受け取り立場は逆となっていますが、果物や食べ物にはこれからも健康に過ごして欲しいという願いが込められています。
その他にもタオルや石鹸の詰め合わせといった商品も人気で、体にある厄や怪我などを洗い流すことが出来ます。
日本ではこういった習慣や風習が強く残っているため、果物やタオルなどの詰め合わせが快気祝いおよび退院祝いに品として最適です。
またそれぞれ逆の意味となっているお祝い事ですが、結果的に双方が同じような商品を受け取ることがあるのも特徴です。
なので快気祝いと退院祝いを出した人が、両方とも果物やタオルセットなどを受け取ってしまうこともあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加